チャイルドシートは格安でレンタルできます|ベビー用品ベビーラック

愛育社 愛育社
の枠が定休日です。
ベビー用品レンタル HOMEチャイルドシート レンタル

チャイルドシートの必要性と種類

平成12年から、日本でも6歳未満の乳幼児に対してチャイルドシートの使用が義務化されました。
使用することで、交通事故による子供のケガを大幅に防ぐ効果があり、もし使用していない場合には違反点数が加算されます。
チャイルドシートにはいくつかの種類があります。
新生児から1歳頃まで使えるベッド型のタイプ、1歳から4歳頃まで使える幼児用シート、そして学童期まで使えるジュニアシートです。
法律では6歳未満の子供に対しての義務ですが、シートベルトは身長140センチ以上に対応しているために、学童期まで使用すると安全です。
新生児から学童期まで、子供の成長に合わせてチャイルドシートを買い替えることは、経済的にも大きな負担です。
そのような時にレンタルを使用すれば、格安ですませることができます。
チャイルドシートは、学童期用のものなら数千円で購入できますが、新生児用のタイプは4万〜8万円ほどするのが主流です。
1年しか使うことのできない新生児用を買うよりは、レンタルにした方が、必要な時に、必要なだけ、格安でチャイルドシートを用意することができます。
使用しなくなってからの保管場所にも困ることがありません。

格安でレンタルすることのメリット

妊娠、出産というのはとても喜ばしいことですが、赤ちゃん用品を揃えるのには、時間もかかる大変な作業です。
忙しい時期でもあり、必要なものを揃えるためにお店へ行くことも難しくなることもあります。
車に6歳未満の子供を乗せるには、チャイルドシートを使わなければいけません。
出産後、産婦人科から退院するときに車を使うようであれば、妊娠中に準備しておく必要があります。
大きなおなかで店頭でたくさんあるものの中から選ぶことは大変です。
レンタルであれば、事前に予約することができます。
インターネット上から、自分に合ったものを選ぶこともできるので、お店に行く必要もありません。
おまけに買うよりも安くレンタルできます。
妊娠中の体の負担と、経済的な負担を大幅に減らすことができるメリットがあります。
中には、チャイルドシートにベビーキャリアとしての機能もあるタイプもあり、車で寝てしまった赤ちゃんを起こさずに家まで連れてこられるという嬉しい効果もあります。
子供の成長に合わせてレンタルすることで、買うよりお得に赤ちゃんとの生活を始めることができます。
複数の車を持つご家庭には、ベスト型の移動できるチャイルドシートもあります。


Warning: main(../footer.php): failed to open stream: Permission denied in /home/aiiku/public_html/baby/seet/seetkakuyasu.php on line 91

Warning: main(): Failed opening '../footer.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /home/aiiku/public_html/baby/seet/seetkakuyasu.php on line 91