レンタカーを利用する際にチャイルドシートをレンタルする方法|ベビー用品ベビーラック

愛育社 愛育社
の枠が定休日です。
ベビー用品レンタル HOMEチャイルドシート レンタル

子供を車に乗せるときの決まりごと

6歳未満の子供を車に乗せる際にはチャイルドシートを設置することが義務付けられています。
子供の安全を確保するために子供の発育に応じてチャイルドシートをきちんと使用することが求められます。
車に設置されている大人用のシートベルトは年齢が6歳未満の子供の場合安全に使用することができないため、このような決まりができたものです。
ベット シートベルトを全く使用せずに走行することは言語道断ですが、大人用のシートベルトを子供に使用すると、ベルトがくびにかかることもありとても危険なので、まだ体の小さな子供はチャイルドシートやジュニアシートの着用は必須です。
そして使用義務違反を行うと運転免許の取り消しや免許の停止処分となる点数がふかされるというペナルティが発生します。
ただし、たとえ子供の年齢が6歳以上であったとしても、からだの発育は子供一人ひとりによって異なります。
まだ体が小さな子供の場合年齢に関係なくチャイルドシートやジュニアシートなどを使うことで、より安全に運転することができます。
ただし、子供の人数全員分装着すると全員が乗車できない場合などはケースに応じて使用義務が免除される場合もあります。

レンタカーでチャイルドシートをレンタルする方法

レンタカーで出かける際にも、6歳未満の子供を乗車させる際には同じくチャイルドシートを使うことが義務付けられています。
そのため子供を乗せることが事前にわかっているならレンタカーを予約する際には必ずチャイルドシートのレンタルも同時に予約するようにします。
使用するチャイルドシートの種類は子供の月令によって変わってきます。
乳幼児用は体重がおよそ10kg、身長が75センチメートルくらいまで、幼児用はおおむね4歳程度までの子供が対象になっており、体重は18kg身長は100センチメートルくらいまで、学童用のものは年令が4歳から6歳くらいまでで、体重が32kg、身長が135センチメートルくらいまでの子供を対象としています。
チャイルドシートの種類はレンタカーの会社によって多少変わってくる可能性がありますが、おおむねこのような種類に分けられているので、子供の月例と体格に合わせて最適なものをレンタルするようにします。
チャイルドシートをレンタルするために必要な料金は一日だけの場合で500円程度からと安い負担額で借りることができるところがほとんどなので、必ずレンタカーの予約をする際に申し込んでおくようにします。

出産内祝い ギフト
大好評!ベビー用品のクリーニング 出産内祝い ギフトカタログ
HOMEベビー用品レンタルベビー用品販売ベビー用品リサイクルベビーとママのグッズ出産祝いギフトクリーニング
Q&A特商法表記会社案内お問合わせ