チャイルドシートのレンタルの必要性と比較検討のポイント|ベビー用品ベビーラック

愛育社 愛育社
の枠が定休日です。
ベビー用品レンタル HOMEチャイルドシート レンタル

チャイルドシートは購入するべきかレンタルするべきか

チャイルドシート・ベビーシートは6歳までの子供に着用が義務付けられていますので、自動車を所有する家庭にはなくてなならない必需品です。
当たり前のことですが、子供は生まれてから体がどんどん大きくなります。
チャイルドシート・ベビーシートは、費用も決して安くないだけに、買うべきか借りるべきかという比較に迷ってしまいます。
ベット 購入する場合、0歳から6歳までどのようなサイズのものを何回くらい買い換えなければならないかを考えなければなりません。
また兄弟姉妹がいるかどうかでも検討の仕方は変わってきます。
また、中古品を買うという方法もありますが、粗悪品では困りますし、ブランド物だと中古でも値段が張ります。
そう考えると、レンタルがおすすめということになります。
子供の成長に合わせサイズを上げていくという選び方ができるという大きなメリットがあります。
大きさだけでなく、機能や種類や価格帯・ブランドなども選べます。
また、普段はあまり自動車を使わず使用頻度が高くない家庭であれば、旅行へ行く場合など必要なときだけ借りるという使い方もできます。
であれば、あとは経済的な問題がクリアできれば購入の必要はないという判断ができます。

チャイルドシートの新品購入・中古購入・レンタルの費用の比較

では、チャイルドシートを、新品を購入する・中古品を購入する・レンタルするの3つのかかる費用を比較してみます。
新生児から1歳まで使える、ブランド物のコンビの回転型ベビーシートを使う場合を例にとります。
新品購入だと約45000円。
1歳になってリサイクルショップで18000で下取りで差し引き27000円。
中古購入は、Bランクのもので30000円、リサイクル8000円くらいが相場で、22000円。
また、新製品が出てリサイクル買取価格は下がってしまう可能性も大です。
レンタルにすると、22000円くらいが相場です。
購入した場合は、安く見積もっても下回ることはありません。
このような試算になります。
もし、コンビのようなブランド品でなく西松屋などで安く購入できるものであれば、リサイクル買取価格は二束三文、あるいは下取り査定ゼロというケースもあります。
粗大ゴミとして処理しなければならないということになれば、さらにゴミ処理にもお金がかかります。
ましてや、使用頻度が高くない必要なときだけ使うという家庭であれば、使用料金はさらに安く済みます。
結論は、これで経済的な問題もクリアされましたので、レンタルの方がおすすめということになります。


Warning: main(../footer.php): failed to open stream: Permission denied in /home/aiiku/public_html/baby/seet/point.php on line 102

Warning: main(): Failed opening '../footer.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /home/aiiku/public_html/baby/seet/point.php on line 102