一ヶ月からレンタルできるチャイルドシート|ベビー用品ベビーラック

愛育社 愛育社
の枠が定休日です。
ベビー用品レンタル HOMEチャイルドシート レンタル

レンタルのチャイルドシートの存在

日本では、六歳未満の乳幼児に対してのチャイルドシートが法律で義務付けられています。
装着しないことで、減点されるほか、万一の事故の際の子供のケガにもつながってしまいます。
また、日本には里帰り出産という他の国では珍しい、母親の実家に帰って産後の時期を過ごすという習慣があります。
ベット 出産した病院から退院するときに車を使うのであれば、当然チャイルドシートをつけなければいけません。
少しの距離だから抱っこで大丈夫というわけではありません。
里帰りしている期間だけ車を使うような場合ですと、滞在している期間のために購入するというのはナンセンスです。
チャイルドシートは一日という短い日にちでもレンタルすることができるからです。
レンタルの料金は、一日から一ヶ月まで同じ料金に設定されていて、買うよりも大幅に安くすることができます。
一ヶ月というのは、産後に里帰りしている期間とも一致します。
何かと物入りな産後の時期に、費用を抑えて賢く利用することができるメリットがあります。
予定より長く使うときは、延長もできるので便利です。
借りる時には、事前に予約ができるので、妊娠中から好きなタイプを選んで申し込めます。

チャイルドシートの種類

子供のいない生活を送っていると、チャイルドシートはどれも同じだと感じますが、実際には子供の成長段階に合わせていくつかの種類があります。
生まれてから生後一ヶ月までの新生児は、首もすわっていないため、ベッドタイプが用意されています。
ベッドタイプは一歳頃まで使用できますが、その後は乳児用に切り替える必要があります。
一歳未満には、後ろ向きの乗車が義務付けられていますが、一歳を過ぎると前向きの乗車も可能になります。
中には、新生児から乳児期まで兼用できるタイプもあります。
三歳頃を過ぎると、乳児用から幼児用へとチャイルドシートも変化します。
兼用タイプを買うにしても、チャイルドシートは決して安い物ではありません。
大きくなるにつれて買っていては、経済的にも大きな負担になってしまいますし、使わなくなった物の置き場所にも困ります。
そのような時にレンタルを利用すれば、必要な時に、必要な期間だけ使うことができます。
申し込みはインターネットから出来るので、お店へ出向くこともありません。
チャイルドシートは回転式など車やライフスタイルに合わせて選ばなければいけませんが、自宅にいながらにして選べるので比較もしやすいです。

出産内祝い ギフト
大好評!ベビー用品のクリーニング 出産内祝い ギフトカタログ
HOMEベビー用品レンタルベビー用品販売ベビー用品リサイクルベビーとママのグッズ出産祝いギフトクリーニング
Q&A特商法表記会社案内お問合わせ