ベッド型チャイルドシートはレンタル|ベビー用品ベビーラック

愛育社 愛育社
の枠が定休日です。
ベビー用品レンタル HOMEチャイルドシート レンタル

ベッド型のチャイルドシートとは

チャイルドシートは、日本では6歳未満の子供に対して使用が義務付けられています。
通常のシートベルトは140センチ以上を対象にしているために、6歳以上になっていても子供の安全を考えて装着する車も多くあり、赤ちゃんから学童期の子供までが使えるようになっています。
ベット チャイルドシートにはいくつかの種類がありますが、生後すぐから1歳未満の赤ちゃんは後ろ向きに乗車しなければいけません。
首や腰がすわっていない時期なので、座るタイプではなくベッド型になります。
ベッド型が使えるのは1歳未満までですから、使用する期間はとても短いことが分かります。
おまけに、繊細な赤ちゃんを守るために、ベッド型は値段も高い傾向があります。
少しの期間しか使わないものに大金をかけるのは、もったいないことです。
レンタルすることで、購入する費用を浮かせることができます。
購入すると6〜8万円もするチャイルドシートも、レンタルすれば期間にもよりますが、数千円で済ませることが可能です。
1年しか使わなかったものを、処分したり、しまっておく場所に困ることもありません。
レンタルにあたっては、ひとつひとつの分をクリーニングし、清潔な状態に保たれているので安心です。

チャイルドシートを使う時期

車を持っていなければ、チャイルドシートは必要ありませんが、祖父母の家の車に乗るときや、里帰り出産している期間だけ必要になることもあります。
一時的な使用には、レンタルがおすすめです。
一日から借りることができ、事前の予約も三カ月前からできて便利です。
申し込みはインターネットで確認し、電話からできるため、家から一歩も出なくても可能です。
妊娠中や小さな赤ちゃんを連れて出かけることは大変ですが、自宅に居ながらにして申し込めるので、ゆっくり自分のスタイルに合わせて選べるというゆとりも生まれます。
チャイルドシートは、車の種類によっては回転式にした方がいい場合や、ベビーキャリアとしても併用できるものがいい場合など、生活習慣によって合うものが異なります。
また、成長段階に応じて、ベッド型から乳児期用、幼児期用、学童期用など種類も変わっていきます。
小さな赤ちゃんのうちは車に多く乗るなど、ご家庭によって車に乗る頻度も違うため、あらかじめどのような使い方をするのかを考えておくと、自分にぴったりなチャイルドシートに出会えます。
使う時期が限られているものだからこそ、快適に使えるようにしましょう。


Warning: main(../footer.php): failed to open stream: Permission denied in /home/aiiku/public_html/baby/seet/bed.php on line 94

Warning: main(): Failed opening '../footer.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /home/aiiku/public_html/baby/seet/bed.php on line 94